沢村賞投手の転機 シンプルさを追求したフォーム改造 #1

セットアッパーから先発転向後の2年目となる2012年、投手最高の栄誉である沢村賞を獲得。ソフトバンク球団会長の王貞治氏からも「メジャーでも即通用する投手」として名を挙げられていた攝津氏。

今回の動画では、攝津氏が自身を覚醒へと導いたプロ入り前、社会人時代のエピソードを語る。

お気に入り登録

関連動画