166cm/最速152キロ 米国で8年プレーした異色の野球指導者 #1

現役時代、最速152キロの直球を武器に国内外の独立Lを渡り歩いたキャリアを持つ長坂秀樹氏。現在は小中学生を対象に野球塾を主宰しており、中日・小笠原慎之介選手も中学時代に長坂氏から指導を受けていた。

今回の動画で語るのは、自身の野球歴。その中でも現在の指導の基盤をつくった、米国での9年間にフォーカス。異国の地でプレーした経験から得た、日本の子どもたちに伝えていきたいこととは。

→NEXT CHAPTER


お気に入り登録

関連動画