プロへの道を切り開いた 「サイドスロー転向」 #2

不動のセットアッパーとして確固たる地位を築き、2022年4月には史上9人目の通算150ホールドを達成。独立リーグ出身者初のFA権を行使したことでも知られる、福岡ソフトバンクホークス・又吉克樹選手。

今回の動画では、サイドスロー転向の経緯を語る。その後、劇的な進化を遂げる大学時代。飛躍的な成長を後押ししたのは、2人の恩師の存在があった。

→NEXT CHAPTER


お気に入り登録

関連動画