強豪校の誘いを蹴って 無名の公立校を選んだ理由 #2

2020年の日本シリーズで打率.500をマークし、MVPを獲得。2021年に行われた東京五輪では野球日本代表の一員として、金メダルに貢献した福岡ソフトバンクホークス・栗原陵矢選手。今回の動画では、自身の中学生時代の進路選択を振り返る。当時、甲子園未出場であった母校・春江工業高に進学した背景には、心を引かれた指導者の存在、仲間と交わした誓いがあった。

→NEXT CHAPTER


お気に入り登録

関連動画