本多雄一「体格を言い訳にしない レギュラー争いを「勝ち抜く力」」(全3本)

2010、11年と2年連続で盗塁王を獲得。13年にはWBCにも出場するなど、日本を代表する選手として活躍した元プロ野球選手の本多雄一氏。現在は、ソフトバンクで1軍内野守備走塁コーチを務める。
 
本サービスでは、幼少時代の経験をもとに、野球に励む少年少女にアドバイスを送る。現役時代、毎日欠かさず取り組んでいたトレーニング方法にも注目したい。
 
▼こんな悩みや課題を持つ人におすすめ
体が小さくて悩んでいる/プロ野球選手がどんな少年時代を過ごしていたか知りたい/盗塁の成功率を向上させたい/足を速くしたい
 
■CONTENTS LIST



 
□プロフィール 本多雄一(ほんだ・ゆういち)1984年11月19日、福岡県大野城市出身。鹿児島実業高から社会人・三菱重工名古屋を経て、06年ドラフト5位でソフトバンクに入団する。小柄ながらも走攻守3拍子揃った高いスキルを武器にルーキーイヤーから出場機会を重ね、長年不動の正二塁手をしてチームを牽引。18年に現役引退し同球団のコーチを務めている。現役生活13年間で、盗塁王2回('10・'11)、ゴールデン・グラブ賞2回('11・'12)、ベストナイン1回('11)。公式サイト: https://yuichi-honda.com/

このセットの動画一覧

関連動画