渡邊元美「強豪校で活躍する選手の特徴 多くの甲子園球児を支えた“母”が語る」(全5本)

横浜高校野球部の元寮母で、現在は管理栄養士として学生アスリートをサポートしている渡邊元美氏。父は、甲子園で春夏合わせて5回優勝に導いた、横浜高校野球部元監督の渡邊元智氏、息子は、楽天に所属する渡邊佳明選手だ。
 
本サービスでは野球少年少女を子に持つ保護者へ向けて、“元強豪高校寮母”、“プロ野球選手の母”の2つの視点から、実体験に基づくアドバイスを送る。
 
▼こんな悩みや課題を持つ人におすすめ
子どもの食が細い/子どもとの接し方に悩んでいる/親として育成の知識を高めたい/強豪へ行くため小中学生時代に何をしておくべきか知りたい/強豪校に進学すべきか迷っている/中学野球のチーム選びに悩んでいる
 
■CONTENTS LIST







 
□プロフィール 渡邊元美(わたなべ・もとみ)1970年、神奈川県出身、関東学院大学栄養学部客員教授/管理栄養士。横浜高校野球部で約20年間寮母を務め、近藤健介(日本ハム)、柳裕也(中日)らをはじめ、第一線で活躍する多くの選手の食事面をサポート。2018年3月に寮母を引退し、桜美林大学のアスリート寮で管理栄養士として従事。2020年に自身が代表を務める株式会社YTライズを設立し、補食提供サービス、栄養指導や講演活動など多方面から学生アスリートの体づくりをサポートしている。父は横浜高校野球部元監督の渡邊元信氏、息子は現在楽天でプレーする渡邊佳明。

このセットの動画一覧

関連動画