勝亦陽一

東京農業大学の教授を務める勝亦陽一氏。少年野球からプロ野球まで幅広い年代の選手たちへ、体の使い方を中心とした技術やトレーニング指導と研究を続けている。
 
本サービスでは、選手たちの技術向上や課題解決につながる「立つ力」の重要性と、その鍛え方を解説する。
 
▼こんな悩みや課題を持つ人におすすめ
打撃や守備でまっすぐ立つことができない/重心移動(体重移動)をうまくできるようにしたい
 
□プロフィール 勝亦陽一(かつまた・よういち)1979年5月13日、静岡県富士市出身。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。早大スポーツ科学学術院、国立スポーツ科学センターを経て、2014年から東京農業大学に勤務。2022年4月から同大学応用生物科学部の教授。子どもからプロまで幅広くトレーニングや技術を指導し、各カテゴリーに必要なトレーニング方法や育成方法を研究する。小学4年生から野球を始め、早大では硬式野球部。Twitter:https://twitter.com/Katsumata_Yo