佐藤義則

現役時代は阪急、オリックスで通算165勝。引退後はNPB5球団で投手コーチを歴任し、ダルビッシュ有(パドレス)、田中将大(楽天)らをはじめ、数多くの名投手を育成した名伯楽・佐藤義則氏。
 
本サービスでは、自宅やチームの練習でも実践できる投手スキル向上ドリルを紹介する。
 
▼こんな悩みや課題を持つ人におすすめ
シャドーピッチングのコツを知りたい/プレートの効果的(上手)な使い方を知りたい/制球力を上げたい(コントロールを良くしたい)/下半身の重心移動/クイック投法を速くしたい(クイックのコツをつかみたい)/牽制球のコツを知りたい/投げる時に肩が開いてしまう/グラブ側の腕の使い方のコツを知りたい/テイクバックが上手く(スムーズに)取れない/手投げを改善したい/砲丸投げのようなフォームになってしまう
 
□プロフィール 佐藤義則(さとう・よしのり)1954年9月11日、北海道奥尻郡奥尻町出身。函館有斗高から日本大学を経て、77年ドラフト1位で阪急(現オリックス)に入団。長身から繰り出す140キロ台の速球と、落差の大きな独特の変化球「ヨシボール」を武器に、ルーキーイヤーから阪急のリーグ優勝、日本一に大きく貢献し新人王に輝く。現役生活21年間で最多勝1回、最優秀防御率1回、最多奪三振2回、ノーヒットノーラン1回。引退後は、NPB5球団で投手コーチを歴任し、ダルビッシュ有(パドレス)、田中将大(楽天)らをはじめ、多数の一流選手を育成。20年より、関メディベースボール学院で投手コーチに就任。同年、オンランサロン「ピッチングラボ」を開設。公式サイト:https://sato11.com/