大引啓次3

プロ生活13年、計3球団でプレーし、ショートの守備に定評のあった大引氏。3回目の出演を迎えた今回のシリーズでは、内野守備のポジショニングに焦点を当てた座学形式の動画をお送りする。スキル向上のための練習法をいくつも紹介した大引氏だが、守備向上にはボール飛んでくる準備段階にも、数多くのヒントが存在していた。
 
▽本シリーズで紹介すること
・守備の準備の重要性
・ポジショニングの基礎知識
・ケース別のポジショニング論
└ランナー無し
└ランナーが塁上に1人(1塁・2塁・3塁)
└ランナーが塁上に2人(1,2塁・1,3塁・2,3塁)
└ランナーが塁上に3人(満塁)
・トッププロたちの超越したポジショニング論
 
▼こんな悩みや課題を持つ人におすすめ
内野守備のポジショニング知識を深めたい/雨天時などグラウンドが使えない際の練習方法を知りたい/打球が飛んでくる前にできる守備の準備法を知りたい
 
□プロフィール 大引啓次(おおびき・けいじ)1984年6月29日、大阪府出身。浪速高から法政大を経て、06年の大学・社会人ドラフトでオリックスに3位指名を受け入団。堅実な内野守備と勝負強い打撃を売りに、実働13年間計3球団にわたりプレーし、2019年に現役を引退。20年に学生野球資格回復の認定を受ける。翌21年には日本体育大学大学院に入学。コーチングを学びながら同校の硬式野球部臨時コーチに就任し、学生の指導を行っている。2022年には、自身初となる監修書籍「基本と実践で差がつく! セカンド・ショート 最強バイブル」(メイツ出版)が出版された。
 
※公開日は前後する可能性がございます。あらかじめご了承ください。